結婚式 ご祝儀

結婚式のご祝儀について知っておくべきマナー

結婚式のご祝儀には他の慶事と異なり、知っておくべきマナーがあります。まず、結婚式は一生一度が望ましいので、祝儀袋は結びなおしのできない「結び切り」の水引のものを選びます。蝶結びの水引は解いて何度でも結びなおしが出来ることから、結婚式のご祝儀には使えません。包む金額は奇数を選び、新札を用意します。全ての札の向きを揃え、札の肖像画のある方(表側)が中袋の表側に向くように入れます。祝儀袋を選ぶ時は中身の金額と格がつりあうようにします。中袋には表中央に金額を旧字体で書き、裏側に住所、氏名を書きます。記入欄が印刷されている場合はそれに従います。表書きは毛筆や筆ペンを使い、上には「寿」、「御祝」や「御結婚御祝」など、下に自分の名前を楷書ではっきりと書きます。祝儀袋の裏の折り返しは、先ず上を折ってから下を折り返します。喜びがますます上がるように、と言う気持ちを表現しています。逆になると弔事用になるので特に注意します。ご祝儀を結婚式当日に持参するときは、台付きの袱紗などに包んで持参します。買った時に包んである透明な袋に入れたまま渡すのは失礼に当たります。袱紗の包み方は菱形に広げた袱紗の中央に祝儀袋を上向きに置き、左、上、下、右の順で折ります。

ご祝儀袋は包む金額によって袋を変えるのがマナーです。

結婚式に提出する新郎新婦に向けたお祝いのお金を包む袋がご祝儀袋です。ご祝儀袋には種類があり、包む金額によって袋の種類を変える必要があります。結び目は水引きを使用し、蝶結びタイプのもは紅白の色であっても避けます。数万程度なら結婚式用の10本の水引のご祝儀袋を使用し、数十万という単位でお祝い金を包む場合は、水引で鶴亀を図案化したものを使用します。夫婦連名で名前を書く場合は右から地位の高い順に名前を書いてきます。また夫婦でお金を包む場合は二人で出席する場合の合計金額よりも少し少ないくらいにします。それぞれ5万以上出すときは自分の名前を書いたご祝儀袋でそれぞれ提出するのがマナーです。またご祝儀服はふくさに包み、当日受付で提出します。提出するときの向きは受付の方が名前を読むことができるように差し出します。友人がご祝儀袋にお祝い金を包む場合はカラーがついた袋を使用するのが通常です。誰の結婚式に出席するかで袋を変えるのが通常です。

正しいマナーを学ぼう ご祝儀袋の書き方とは

結婚式に招待されてご祝儀袋を用意したまではは良いのですが、いざ表書きを書こうとしてどの様に書けば良いのか悩んだ方もいるのではないでしょうか。おめでたい席での正しいご祝儀袋の書き方を知っておきたいものです。市販の物はほとんど寿の文字が初めから書かれていると思いますが、下段中央には氏名を書きますが上段の寿よりも少し小さめにバランス良く書きます。基本的な事ですが、書くときはボールペンやサインペンを使ってはいけません。毛筆で丁寧に書くのが正しいマナーです。また中包みの書き方としては表書きには金額を書きますが、旧漢字が分からなかった場合は漢数字でも良いでしょう。裏面には住所、氏名を手紙を出す時のように左側に書きます。またご祝儀袋の種類によっては入れる金額が変わってきますので、金額によってご祝儀袋を使い分けるのもマナーの一つです。ご祝儀袋は贈る側の品格が現れますので、丁寧に正しい書き方で贈りたいものです。

結婚式のご祝儀相場は守らなければいけないか

結婚式に呼ばれて、まず気になるのはご祝儀です。こればかりは払わないわけにはいきませんし、自身の体面を保つためにも必須と言えます。ご祝儀相場というのは自分がどの立場であるかによって変わってきます。上司か部下か、親戚かなどによって大きく変わってくるものです。兄弟の結婚の場合のご祝儀相場はおよそ5万円です。夫婦で結婚式に参加すればそれぞれに必要になってきますので大きな出費と言えます。親友の場合は3万円が相場と言われています。お祝いごとの際には割り切れる数字はよくないということから奇数が好まれます。もし、2万円を送る場合は枚数を3枚にするために五千円札を2枚用意して包むようにします。汚いお札などは使わず新札を用意するのも結婚式でのマナーです。贈られたほうも、これしか入っていなかったじゃないかとは言えないものです。双方が気持ちよくお祝いするためにもご祝儀相場というものを守っていくほうが無難なのではないでしょうか。ただお金がないのに見栄を張って変なところから借りたりすると闇金 被害にあうのは目に見えているので注意してくださいね!